当サイトに採点はありません。掲載されたホテル、レストラン、ワイン全てをライフスタイルにお薦めするサイトです。

tag:食事のみ

24時間稼働を止めないという牛肉の味が詰まった白濁したスープに、柔らかくプルっとしたコラーゲンたっぷりの牛肉。そして、ネギと麺となる春雨。巨大釜で煮込まれた牛頬肉の味のする『ソルロンタン』は一度食すべき。ただ、味が濃いものが好きな方にはお勧めしない。

二人以上なら『ソルロンタン』一人前に、『チャプチェ』一人前が常連の食べ方のよう。さっぱりとしたものを食べたい時はぜひ。

続きを読む

最近では、ラーメンで1000円を超える店舗も珍しくないが、せい家は500円。おすすめの『ほうれん草らーめん』も600円で、生ビールも240円という有難すぎるコストパフォーマンス。

この値段で、家系らしいワイルドな太麺と、脂たっぷりの濃い豚骨醤油スープが味わえる。

続きを読む

レンゲの上に小籠包をのせ、軽くかじり、肉汁を熱々のスープのように、ゆっくりと口に運ぶ。そして、つけあわせの生姜と酢醤油を小籠包の上にのせ、コクのある豚肉にスッキリした味のコラボを楽しむ。

生姜はおかわり自由と、とにかく付け合わせが充実。またトリュフの小籠包など、種類も多く、カニ小籠包のように素材の味もしっかりしている。

小籠包好きにはたまらない。

続きを読む

隠れ家的なたたずまいの串焼き居酒屋。

薄暗くモダンな作りは、周囲を気にさせず、デートに向いている大人な雰囲気。

ただ、とびきりのサービスがある訳ではないのと、決して安くはない。

料理のおすすめは、串焼きの「もも」。都内でも「もも」に限って言えば、ダントツです。なので、二軒目で使うのがベスト。

一軒目ならば、コース料理に、飲み物はワインボトルでバロンの白から赤をチョイスするのが、コスト的にも一人¥8,000円程度で収まる。続きを読む

背脂の甘みを強く感じる醤油スープで、その甘みはバターや焼肉の甘みのよう。豚骨・鶏ガラ、ニンニクの旨みの出たスープに、たっぷりの背脂がふりかかった超こってり。麺は、中細ストレートタイプで、ゆで加減は、少し軟らかめ。

「一度は食すべき、ここにしかない味わい」との声多数。

ただし、店内が狭く、脂ギトギトスープということもあり、清潔感はないので、デートには不向き。

一人か、仲間内で来るのがベスト。

 


 


11:4506:00

03-3981-4423

東京都豊島区西池袋1-39-4 佐久間ビル1続きを読む

このページのトップヘ