当サイトに採点はありません。掲載されたホテル、レストラン、ワイン全てをライフスタイルにお薦めするサイトです。

tag:池袋駅

背脂の甘みを強く感じる醤油スープで、その甘みはバターや焼肉の甘みのよう。豚骨・鶏ガラ、ニンニクの旨みの出たスープに、たっぷりの背脂がふりかかった超こってり。麺は、中細ストレートタイプで、ゆで加減は、少し軟らかめ。

「一度は食すべき、ここにしかない味わい」との声多数。

ただし、店内が狭く、脂ギトギトスープということもあり、清潔感はないので、デートには不向き。

一人か、仲間内で来るのがベスト。

 


 


11:4506:00

03-3981-4423

東京都豊島区西池袋1-39-4 佐久間ビル1続きを読む

ツルっとした薄切りの幅広の蕎麦は、今までの立ち食い蕎麦とは一線を画する。店内も、290円の蕎麦があるとは思えないくらい雰囲気のある作りとなっている。綺麗でシック、ジャズも流れ、高級感もある。

一度は食すべき。それだけだ。続きを読む

姫路名物のオムレツの形をした明石焼きのようなとろっとろの、もんじゃとお好み焼きの中間くらいの食感に、あっさりとしたお出汁を付けて食べるスタイルである「どろ焼き」が食べられる店。

落ち着いた雰囲気ながらも、お好み焼き屋のワイワイガヤガヤ感もある。残念なのは、トイレが男女兼用で一つしかないこと。

とは言え、バリュー感は抜群。

『桜エビ豚肉どろ焼き ¥720円』『豚もちチーズどろ焼き ¥850円』で軽くお腹を満たし、その後は『トマトチリガーリックもんじゃ ¥750円』『ピリ辛メキシカンもんじゃ ¥790円』で酒を飲む。

『生ビール中 ¥480円』『ウーロンハイ・角ハイボール ¥380円』『テンプラリーニョグラス ¥380円』とドリンクも適切価格。

一人4,500円あれば、食って飲めます!!続きを読む

まるでレストランのラムのよう。

生ラムなのでレアでも食べられる。付けダレはもちろん、付属の塩胡椒だけでもラムの味を堪能できるくらい。

通の人も、「札幌に行く必要もない」というレベル。

プラスで『きのこの盛り合わせ』も絶品なので是非。だが、店のルールとして、まず人数分の『ジンギスカンの最初のセット(肉+野菜)880』は注文しないといけないのを忘れずに。量も程よく、『モルツ生中 ¥500』『角ハイボール ¥380』『ワインボトル ¥1,980』。
予約は絶対必要。食べ飲み放題1203,980円もある。

ただ、店舗は決して綺麗ではないのは忘れずに。続きを読む

東京都内に多くある博多系とんこつラーメンのなかで、教科書的というか、好き嫌いを論じる前に足を運んだ方がいいのが、ここ。

まず、ラーメン屋と思えないくらい店舗が綺麗。西武池袋店内だから、当然ではあるのだが。

基本的に、店に入るまで待つ必要があるが、中に入れば、すぐにラーメンが出てくる。

生ビールの作り方も丁寧で、ここは一、二杯飲みたい時に使える。チャーシューのつまみもつくのも嬉しい。

麺は低加水タイプのストレートでコリコリというかコシがある。スープは、臭みはなく、マイルド。万人受けするラーメン。

 


□生ビール+つまみ付 580

□九州じゃんがら角肉入り 800

続きを読む

このページのトップヘ