当サイトに採点はありません。掲載されたホテル、レストラン、ワイン全てをライフスタイルにお薦めするサイトです。

tag:一人で

背脂の甘みを強く感じる醤油スープで、その甘みはバターや焼肉の甘みのよう。豚骨・鶏ガラ、ニンニクの旨みの出たスープに、たっぷりの背脂がふりかかった超こってり。麺は、中細ストレートタイプで、ゆで加減は、少し軟らかめ。

「一度は食すべき、ここにしかない味わい」との声多数。

ただし、店内が狭く、脂ギトギトスープということもあり、清潔感はないので、デートには不向き。

一人か、仲間内で来るのがベスト。

 


 


11:4506:00

03-3981-4423

東京都豊島区西池袋1-39-4 佐久間ビル1続きを読む

ひき肉とタイバジルをナンプラー(魚系の調味料)とオイスターソースと共に炒めてあるが、他店ほどハーブ系の風味や辛さは強くなく、番人受けするガパオといえる。荒みじん切りのタマネギのシャキシャキとした食感は、一度口にしたらはまってしまう。

続きを読む

この界隈で味噌ラーメンを食べるならばここ。

豚骨ベースだと思うが嫌な油はほとんどなく、甘めの味噌の濃厚な風味を生かしたスープは味噌ラーメンとは思えない複雑性がある。そこに黄色い中太ちぢれ麺と肉厚のチャーシュー。これで750円はかなり安い。

カウンターしかない古めの店舗だが、雰囲気は決して悪くない。続きを読む

料亭のような雰囲気を出しながらも、けっして古臭くない明るさとスタイリッシュさのある店内。一押しは『特製排骨 坦々麺 1240円』。「辣油と白胡麻がバランス良く調合されていて、白胡麻が濃厚でありながら、なめらかな上品さ」なスープに、炒めたばかりのもやし、ニラ、小海老、挽肉がトッピングされており、その上に豚肉のから揚げが乗っている。

クリーミーで、甘味があり、そこに辛味のくる上品な担々麺だ。担々麺が苦手な人は、一度試してほしい。続きを読む

バルという業態と同じような位置まで立ち食い蕎麦を持っていた店といえる。

十割にもかかわらず、立ち食いの醍醐味(実際は椅子がある・座りやすい訳ではないが)である低価格、280円のもりそば。太めで平たい田舎蕎麦のような食感に、ボソボソすることもない打ち方(機械?)。コシもある。汁やワサビに特筆すべき点はないが、蕎麦。そして、ちくわも絶品。蕎麦と150円のビールだけで楽しめる。続きを読む

このページのトップヘ