当サイトに採点はありません。掲載されたホテル、レストラン、ワイン全てをライフスタイルにお薦めするサイトです。

tag:一人で

濃厚だが、博多豚骨の臭みの無いコクのあるライトなスープは、若者より、サラリーマンのためのもの。

醤油をつけなくとも味のある『水餃子 ¥320』に、ザーサイ好きでなくとも好きになる『ザーサイめん ¥850』。これに『紹興酒 ¥550』を合わせるのがベター。麺はバリカタが良い。

続きを読む

食べログで評価が分かれている最大の理由は、メニューによって味が変わるから。おすすめなのは、『シュウマイ』『空芯菜炒め』などのつまみに、揚げ葱と八角の風味が強い醤油味の『ワンタンメン』は、ワンタンにホロっとした叉焼までついている。また、ゴマの風味が豊かな『担々麺』や『五目』系も美味。常連っぽい人が注文しているもので、食べたいものを頼むのがポイント。お酒は、居酒屋価格ではなく、ラーメン屋価格なので、『紹興酒』を飲むのがベター。

続きを読む

24時間稼働を止めないという牛肉の味が詰まった白濁したスープに、柔らかくプルっとしたコラーゲンたっぷりの牛肉。そして、ネギと麺となる春雨。巨大釜で煮込まれた牛頬肉の味のする『ソルロンタン』は一度食すべき。ただ、味が濃いものが好きな方にはお勧めしない。

二人以上なら『ソルロンタン』一人前に、『チャプチェ』一人前が常連の食べ方のよう。さっぱりとしたものを食べたい時はぜひ。

続きを読む

最近では、ラーメンで1000円を超える店舗も珍しくないが、せい家は500円。おすすめの『ほうれん草らーめん』も600円で、生ビールも240円という有難すぎるコストパフォーマンス。

この値段で、家系らしいワイルドな太麺と、脂たっぷりの濃い豚骨醤油スープが味わえる。

続きを読む

隠れ家的なたたずまいの串焼き居酒屋。

薄暗くモダンな作りは、周囲を気にさせず、デートに向いている大人な雰囲気。

ただ、とびきりのサービスがある訳ではないのと、決して安くはない。

料理のおすすめは、串焼きの「もも」。都内でも「もも」に限って言えば、ダントツです。なので、二軒目で使うのがベスト。

一軒目ならば、コース料理に、飲み物はワインボトルでバロンの白から赤をチョイスするのが、コスト的にも一人¥8,000円程度で収まる。続きを読む

このページのトップヘ