まだ若いとはいえS級美女ではない彼女が、現実を見据えて太一で手を打とうとしているのは明らかだ。だが、自身で稼ぐ力もないくせに、贅沢に慣れたみゆきのような港区女子が、将来に渡って1,000万円レベルの暮らしに満足するとは、到底思えない。

みゆきの仕事は港区にあるレコード会社の受付嬢。実家は秋田県で、短大卒業後に上京してきたらしい。今は、女友達と麻布十番でルームシェアしているのだとか。

 

「それにしてもみゆきちゃん、随分焼けてない?どっか行ってたの?」

 

「あ、バレました?…実は、友人と先週ハワイに行っていて。」

 

その悪びれない言葉に麻美は「友人じゃなくて、港区おじさんでしょ」と心の中でこっそり毒づいた。

 

結果

“男女問わず他のメンバーも(結婚はやめとけって)意見だった”

“金の出所が不明な女はやめとけって言われたよ”


https://tokyo-calendar.jp/article/9342