当サイトに採点はありません。掲載されたホテル、レストラン、ワイン全てをライフスタイルにお薦めするサイトです。

『バーニャカウダ』『山盛りムール貝のワイン蒸し』『薩摩錦鶏とフォアグラのパテ』『牛ハツのロースト』『キノコのリゾット』はマスト。この料理に、2,800円のワインボトル2本飲んでも、計10,000円という最高クラスのコスパ。

その分、テーブルは狭く、トイレは一つ、ウェイターから最高のサービスは受けられないというネックはあるが、金額を考えれば、それも仕方がない。

続きを読む

エントランスはまるで料亭。暖簾をくぐり、10mくらい歩くと、そこに広がるのはチープな大衆居酒屋。このギャップに驚かされる。

ビール、ハイボールがとにかく安いが、料理が安い訳ではない。ただ、『トロタク』『刺身盛り』などは“すし居酒屋”のキャッチフレーズに負けない。『ゴーヤチャンプル』など鉄板系の味も確かだが、メニューによりバラつきあり。『から揚げ』や『ポン酢』系などはお勧めしない。ベタな魚か、大味な鉄板系を頼んだ方が良い。

ドリンクが安いこともあり、コスパは良い。

続きを読む

食べログで評価が分かれている最大の理由は、メニューによって味が変わるから。おすすめなのは、『シュウマイ』『空芯菜炒め』などのつまみに、揚げ葱と八角の風味が強い醤油味の『ワンタンメン』は、ワンタンにホロっとした叉焼までついている。また、ゴマの風味が豊かな『担々麺』や『五目』系も美味。常連っぽい人が注文しているもので、食べたいものを頼むのがポイント。お酒は、居酒屋価格ではなく、ラーメン屋価格なので、『紹興酒』を飲むのがベター。

続きを読む

24時間稼働を止めないという牛肉の味が詰まった白濁したスープに、柔らかくプルっとしたコラーゲンたっぷりの牛肉。そして、ネギと麺となる春雨。巨大釜で煮込まれた牛頬肉の味のする『ソルロンタン』は一度食すべき。ただ、味が濃いものが好きな方にはお勧めしない。

二人以上なら『ソルロンタン』一人前に、『チャプチェ』一人前が常連の食べ方のよう。さっぱりとしたものを食べたい時はぜひ。

続きを読む

東日本大震災(2011年)前のデフレ全盛期にブームを巻き起こした、均一価格の激安居酒屋チェーン。大手が次々と撤退してゆくなかで生き残ったのが、創業期から30年間、280円(税抜き)の均一価格で愚直に味と品質にこだわり続けてきた焼き鳥が看板の居酒屋「鳥貴族」だ。同社はなぜ生き残れたのか。

続きを読む

このページのトップヘ